新築物件や築浅物件の住まい

衣食住の確保では住まいの確保も大切ですが、住まいに関しての価値観も選ぶ場合の重要なポイントになります。

住まいと住みやすさと価値の考え方

新築物件や築浅物件の住まい 衣食住の確保では住まいの確保も大切ですが、住まいに関しての価値観も選ぶ場合の重要なポイントになります。価値観としては、資産としてお金を中心として選ぶ場合もあります。この場合には賃貸にしてもマイホームにしても、資産価値や経済的な家賃の支払いなどを中心にして考えます。マイホームを購入するためにできるだけ安い家賃の賃貸物件を探し、貯蓄をしながら頭金などを貯めるという方法や将来に渡って資産価値のあるマイホームを不動産投資として購入するという方法などです。経済的な価値を中心とするので住みやすさなどはあまり満足できないのですが、将来のために今の住まいも考えるということになります。あるいは老後の資金を貯蓄するという理由などもあります。

価値観としては、住みやすさを優先するという価値観もあります。これは将来というよりも、今住みやすい住まいを探して、それにお金をかけたりします。住みやすさを優先する価値観のメリットとしては、できるだけ今の住環境を良くして、仕事や日常生活を快適にして、ストレスの解消や癒しなどで精神的な負担を少なくする方法です。そうすると生活も仕事もスムーズなるかもしれず、そのメリットで精神的にも経済的にも生活が向上するという考え方です。その両極端の間のどこかにあるのが今の自分の住まいに関する価値観ですが、自分の基本的な住まいの価値観を明確にしておくと結果も得やすくなります。

Copyright (C)2019新築物件や築浅物件の住まい.All rights reserved.