新築物件や築浅物件の住まい

日本で住まいを選ぶ場合には、大地震や津波などの自然災害に対しての安全性も重要ですが、生き残れた場合に、その後の生活も重要になります。

住まいと自然災害とその後の準備

新築物件や築浅物件の住まい 日本で住まいを選ぶ場合には、大地震や津波などの自然災害に対しての安全性も重要ですが、生き残れた場合に、その後の生活も重要になります。大震災などの後の避難民を見るとわかりますが、国からの援助や国民からの援助もありますが、結局は自分たちで対処できないと苦労します。大きな地震などの自然災害ですべてを失うような状況にならないように準備をしておく必要があります。資産運用でもリスク管理で分散投資が重要になりますが、自分の持っている資産を考えた場合に、大地震ですべて失うような状況は分散投資ができていない状況と同じです。大地震や津波などですべてを失う状況にならないように対処しておくということも重要です。

土地にしても、津波などですべてを失う場合に、同じ場所に自宅を立て直すということは躊躇しますし、資産価値ということでも、その土地の価値が大幅に損なわれます。また、耐震性能があり、建物は崩れなかったにしても、住めなくなればそれらの資産が損失になります。免震構造の建物を購入するなり、賃貸で借りておき、マイホームを購入する分を、貯蓄や安全な資産運用に利用したりしながら、大地震や直下型地震の経済的なリスクを減らしておくということも必要かもしれません。

【参考】

Copyright (C)2019新築物件や築浅物件の住まい.All rights reserved.